小 大


各セクションメニューへ

研修情報

第九回条件反射制御法研修会(平成30年2月2日)

第九回条件反射制御法研修会へのご案内

                                                         

 条件反射に関する初めての報告は1903年にマドリッドで開催された国際生理学会においてパヴロフによりなされました。それから一世紀以上を経た2006年6月1日に、パヴロフ学説に従った方法を用いて、下総精神医療センターで覚醒剤に対する欲求を抑制する試みが始まりました。強力な効果が得られ、現在ではその技法を条件反射制御法と呼び、物質使用障害だけでなく、種々の疾病の治療に用いています。
 多くの人が「依存には回復はあっても治癒はない」と長く言い続けていますが、その言葉に終止符がうたれます。当初からこの技法の標的にした物質使用障害は欲求が生じなくなり、完治に至るものになりました。また、心的外傷後ストレス障害や反応性抑うつ、病的窃盗、病的賭博、痴漢、ストーカー行為にも高い効果を得ています。一方、摂食障害には困難性を感じておりますが、さらに研究を重ね、この技法を高めて参ります。
 パヴロフ学説は動物の活動と進化について正確なメカニズムを示しており、その理論を逸脱した行動の調整に用いて広範な効果を得られるようになったのは、現時点から振り返ると自然な展開だと感じられます。
 この研修会ではまずは、ヒトの行動原理と条件反射制御法の基本を正しく理解していただきます。また、この技法を用いる際に対象者にどのように治療作業を指導し、観察するかをロールプレイやテストを交えて、体験的に修得していただき、当院での働きかけ方を詳細にお伝え致します。
この技法が普及すれば、これまで治らないとされたさまざまな疾病状態に苦しむ多くの人達が救われます。また、ヒトの行動原理が見直されるでしょうから、反復する違法行為に対する司法制度改革も期待できます。  募集要綱を同封いたしますので、ご多忙のところ誠に恐縮でございますが、皆様方のご参加を心よりお待ちしております。

 平成29年11月13日
 各   位

独立行政法人国立病院機構下総精神医療センター
院    長      女  屋  光  基
薬物依存治療部長      平 井 愼 二





もどる
ページのトップへ戻る