小 大


各セクションメニューへ

心神喪失者医療観察法医療

心神喪失者等医療観察法に基づく指定入院医療機関

 「心神喪失者の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律」(心神喪失者等医療観察法)に基づいて、当院は入院医療機関として運営しています。

医療観察法の目的

 「継続的かつ適切な医療並びにその確保のために必要な観察及び指導を行うことによって、その病状の改善及びこれに伴う同様の行為の再発の防止を図り、もってその社会復帰を促進すること」とされています。

指定入院機関の役割

  1. 早期の社会復帰を目指し、小規模(30床)の病棟において、対象者の症状に応じて人的・物的資源を集中的に投入し、専門的な医療を提供する。
  2. 社会復帰等においては、一定の条件の下での外出・外泊を含め円滑な社会復帰のための取り組みを進める。
  3. 退院後における対象者の地元等での円滑な処遇に向けて、適切な処遇実施計画づくりに保護観察所に協力する。
  4. 本制度により得られるノウハウを精神一般医療に生かし、地域の医療水準の向上に資する。

 とされています。

医療観察法病棟の概要

 入院期間を概ね急性期、回復期、社会復帰期に大別し、プログラムに添った医療の実施により、概ね18ヵ月程度で退院することが可能となることを目指しています。
 病室は全室個室で病棟の設備・環境等十分に配慮されています。

医療観察法病棟(3病棟)案内




ページのトップへ戻る