小 大


各セクションメニューへ

薬物家族教室Q&A

Q、薬物家族教室では何をやっているの?

A、専門家による講義と家族による体験発表のミーティングの2つに分かれます。

Q、講師は誰が行っているの?

A、薬物関連精神病棟に勤務している看護師と回復支援施設の千葉ダルク代表です。

Q、講義ではどんなことを話すの?

A、看護師は「規制薬物乱用の問題点と社会資源」「規制薬物乱用の問題点と家族の対応、その他(コミュニケーション方法、受診、入院、退院)」「規制薬物乱用の問題点と薬物乱用から生じる病気」を話します。千葉ダルク代表は回復支援施設である「ダルクについて」を話します。

Q、乱用者が下総精神医療センターに入院していないけど参加はできるの?

A、興味のある方はどなたでも参加可能です。最近は病院のホームページを見て参加されている方も増えています。また、一人で参加される方もいます。

Q、教室の講義は薬物だけが対象なの?

A、ギャンブルが止められない方の病態や対応も薬物と同じと考えています。よって、その様なことで困っている方の参加も可能です。

Q、薬物乱用って病院で治るの?

A、薬物乱用の問題は①「薬物を反復して使う」、②「社会生活が上手くゆかない」ということに分けられます。さらに②についてはⅠ「就労などができない」ことと、Ⅱ「就労などができていても人間関係が上手くとれない」ことに分かれます。当院で行っている「条件反射制御法」は薬物への欲求を取るので物質を反復して摂取するということは無くなります。人間関係や社会生活能力が保たれている人は条件反射制御法を受けるだけで退院の翌日から働きはじめて、全く欲求を感じず生活が送れます。ただし、入院する前に何年も就労していなかったり、人間関係が上手くゆかない人は、条件反射制御法を受け薬物への欲求を取った後に、回復支援施設への入寮を勧めています。

Q、対応方法がわからずに困っています。

A、本人のためを思って行うことが、逆に乱用を助長することもあります。まずは、家族だけで抱え込まず教室に参加してみて下さい。解決には、色々なサポートが必要です。

もどる
ページのトップへ戻る