小 大


各セクションメニューへ

薬物家族教室の 目的・方針

薬物家族教室の目的

  家族が薬物乱用者に対応するため、正しい知識を専門家から学ぶのが主な目的です。
また、付属するミーティングでは他者の体験談を聞き、自らも語ることを通して、正しい知識に従った対応を実行できるようにします。このミーティングは将来、家族等による自主的な組織に発展することを参加する皆様に期待します。

薬物家族教室の方針

Ⅰ、薬物乱用を繰り返すメカニズムを知り、治らないと決めつけていた今までの誤った理解を正しましょう。薬物への欲求は条件反射制御法でなくなります。人間関係に問題があるならミーティングや生活訓練等で改善されます。本人の問題が何かを知れば、完治に向かうための正しい対応に結びつきます。

Ⅱ、規制薬物乱用の反復は病気だけでなく、犯罪でもあるので、取締機関と連携しましょう。規制薬物やその代謝物が本人の身体から排出された後に家族が取締職員と面接することなどは、初めは逮捕されませんが、後に再使用があれば逮捕されやすいので、本人を薬物から離す抑止力になります。このような方法は、家族の立場で本人の薬物規制法違反に正当に対応するものであり、社会と調和します。

条件反射制御法はこちらで見ることができます

取締機関と連携はこちらで見ることができます

もどる
ページのトップへ戻る